月経困難症について

月経困難症とは、月経直前ないし月経時に毎回さまざまな不快症状が起こるものをいいます。骨盤を中心とした疼痛を主な症状とし、寝込んだり日常生活に支障をきたすような重い症状が出ることもあります。

月経困難症は2種類にわけられます。

1.機能性月経困難症
月経時に子宮内膜を身体の外に排出させる役目の、プロスタグランジンが過剰に分泌され、子宮筋の収縮が激しくなり子宮内圧が亢進するために疼痛を引き起こします。

2.器質性月経困難症
骨盤内に器質的原因があり、(子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、骨盤内の炎症や癒着、子宮位置異常、子宮奇形など)これにより、月経困難をきたすものをいいます。

症状

冷え症イメージ1月経困難症の症状としては、月経直前ないし月経時に(特に月経1~2日 目)下腹部痛、腰痛のほか、嘔吐、下痢、悪心、腹部膨満、頭痛、脱力感 、イライラなどの重い症状があり、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に支障をきたします。

東洋医学的に…

月経時の疼痛の根本的な原因は「不通則通」と考えられています。
これは、様々な原因により(冷えや、ストレス、先天的に虚弱で五臓の働 きの低下)気血の流れや、五臓の働きが悪くなることにより痛みが発生します。 その症状として、主に肝湿、肝鬱、肝腎虚損によるものが多くあげられます。

治療法

冷えなどにより痛みがでたり、湿気の多い所に住んでいるなどの環境により発症する場合(寒湿)、冷えを改善し気の流れをよくします。
ストレスなどにより肝の気が鬱滞し、気の流れが滞る場合(肝鬱)は、滞った肝の気の流れをよくし、肝の気を高めることで気血の流れをよくします。 また、先天的に弱い場合や房事過多(肝腎虚損)などは、気血に加え腎の気(精気)を高めることで、気血水のバランスをよくします。

治療穴

腎兪、三陰交、血海、隔兪、など症状に応じてツボを選穴していきます。

ページ上部へ


TOPへ戻る