皮膚炎・アトピーについて

自律神経の治療をし、あなたに合わせたアトピーの治療を致します。

皮膚炎鍼治療皮膚炎やアトピーといった免疫系統が絡んだ治癒しにくい病気には、鍼灸治療が効果的です。鍼灸治療は、本人の持つ自然治癒力を高め、バランスを崩した免疫機能を正常な状態に近づけます。
強い薬による副作用にお悩みの方はもちろん、長年の闘病に苦労している患者様も、是非一度鍼灸治療をお試しください。

帯状疱疹

免疫が弱くなる更年期に症状が出やすくなります。症状が重くならないうちにご相談ください。

アトピー性皮膚炎

鍼で体質改善をします。「肝兪(かんゆ)」(肝臓の後ろ)への刺激では解毒性が強くなります。
肺兪(脊髄の横)は肺が強くなり、胃兪(胃の横)、中?(胃の上)は食欲が出ます。体が本来持っている免疫性を高めることにより自然治癒力が戻ってくるでしょう。

そのためには食欲が大事です。十分な栄養摂取によって免疫性も出てきます。また、肺兪への鍼で肺が強くなると毛根の活動が活発になり、汗も出やすくなるのです。

アトピー性皮膚炎にかかっている人は皮膚が分厚く弾力性がないといわれている

汗が出ると一緒に毒素も出ますね。しかし皮膚が厚いと汗が出にくく皮膚が炎症を起こします。
皮膚がゴワゴワ状態になり、強いかゆみを伴うのはそのためです。皮膚は本来、薄くないといけないのです。薄いと汗も出るし、毒素も出ていきます。それが正常な状態でなのです。

薬だけでは、なかなか治らないアトピー性皮膚炎。小さなお子様の治療もご相談に応じます。

当院に寄せられた問い合わせより…

私は小学生のころからよくぜんそくの症状がありました。
じんましんもよく出ましたが、病院の診断は「アレルギー体質なので、ぜんそくや皮膚病などが出やすい」と説明を受けました。中学生のころからアトピー性皮膚炎が出始め、今では体全体がゾウの足のようになっており、夏でもTシャツを着ることができません。夜もかゆみで苦しく、寝られない時も多くあります。
あちこち病院を回りましたが、これといった手立てがなく、一生治らないかもしれないとも言われました。薬も頂きますが、一時的にかゆみがおさまるだけで、良くはなりません。
人生これからというときに、アトピーのために希望がありません。縁談も断られました。どうか的確な診断と治療をして下さる所があれば教えて下さい。

(埼玉県、K・F 23歳OL)

鍼と漢方薬でアレルギー体質改善、熱いお茶を飲んで汗をかくのも大切

皮膚炎鍼治療 最近、アレルギー体質の人が増えてきましたが、その理由としては食生活の変化が大きくかかわってきています。
昔から中国では医食同源と言われているとおり、食事と病気とは切っても切れない仲とされていました。
ところが最近の食べ物といえば、添加物が多量に含まれているインスタント商品、農薬に害された野菜など、手軽に大量に生産されるようにはなりましたが、その代償は大きなものになったようです。

さて、アレルギー体質の人は、普段より熱いお茶をよく飲み、汗をどんどんかくことが大切です。
汗をかくことにより、体の中の毒素を外に出してくれるからです。
また現在、アトピーなどで苦しまれている患者さんに対して、西洋医学では副腎ホルモン(ステロイド)を使用されることが多いようです。確かに副腎ホルモンには即効性がありますが、同時に体の中で副腎皮質ホルモンが作られなくなり、内分泌の変調をきたすという怖い面もあります。
また、副腎ホルモンの使用を中止すると再発しやすいという面もあります。

鍼灸治療では体質を変えてくれる働きがあります。また、体が本来もっているはずの免疫力を高め、自然治癒力を高めてくれます。
そのため、アトピーだけでなく、アレルギー体質の方、例えば花粉症でお悩みの方でしたら、秋ごろから針治療を始めることで、体の体質改善をはかり、治療効果を高めることが必要でしょう。
同じように気管支ぜんそくで長年苦しんでこられた方にも喜んで頂いております。
また漢方薬にも針と同じ効果が期待できますので、鍼治療と併用されるのもいいでしょう。

当院には西洋医学では治療が困難とされる難病の方も多数来院されています

鍼灸治療の特徴は、疾患のある局所だけをみるのではなく体全体のバランスを整えるというところにありますので、どのような難病にも対処できることにあります。
パーキンソン病、網膜色素変性症、リウマチ、筋無力症の方などにも効果があります。あきらめず、ぜひ一度ご相談下さい。

ページ上部へ


TOPへ戻る