逆子治療について

近年、胎児が逆子である場合、帝王切開による分娩が増えています。その主な要因として少子化、高齢化出産などが挙げられ、また、「麻酔下で楽に生みたい」という人の為のニーズも要因として考えられます。
現代の治療法では「骨盤位矯正法」という方法が最も多く用いられています。

骨盤位矯正法…児の胎位を確認し、腹部に手を当てて児殿部を持ち上げて回転させる。→外回転術
当治療院では鍼灸を使用して逆子治療を行います。その治療法をご紹介致します。

逆子(骨盤位)とは

頻度は妊娠30週頃には全体の30パーセントくらいあるが、10ヶ月に入る頃には5パーセント程度に下がる。骨盤位では頭が最後に出てくる為、危険であり児死亡率は2~5倍になる。

逆子治療(骨盤位)とは

近年、胎児が逆子である場合、帝王切開による分娩が増えていますが、鍼灸を用いた逆子治療で改善されることがあります。婦人科領域の疾患に対して、足への刺激が女性生殖器に影響を及ぼす事が研究報告から示されておりますし、母体への負担が少なく安全性が高いと言われています。早い段階でリスクを減らし、安心して過ごしませんか。
逆子治療の回転率は、初診時28~31週までに鍼灸治療を始めることが出来れば、32~35週以降に治療を始めたケースより明らかに高くなります。当治療院では鍼灸を使用して逆子治療を行います。また、逆子体操と併用しても行えます。

逆子体操

逆子治療に関して、治療の前に逆子体操をしていただきます。少し緩めの服装で来院ください。
まず、治療の前に御手洗いに行っていただき、排尿を済ませていただきます。
治療室に入り、腹帯・ガードルを外します。ベッドの上に腹ばいになり、胸と膝を付 け、腰を高く上げて図のような姿勢をとります。 お腹の胎児を骨盤からお腹の方へ浮かせ、動きやすくすることを目標としております。治療の前後1分程度毎回やっていただきます。

注意:出血・腹痛・頻繁にお腹が張る場合は治療ができません。御了承下さい。

逆子体操

骨盤位の分類

単殿位、複殿位、膝位、足位 などがあります。

骨盤位の種類 単殿位 複殿位 膝位 足位

原因

未熟児、子宮筋腫、子宮奇形などにより良い位置に納まらない場合など。

治療の有効期間

妊娠28週~31週以内に施術すると成功率が高くなり、1~4回の治療で改善しやすいですが31週を超えると難しくなってきます。 

治療を始める前に

  1. 排尿をする
  2. ベルトなど緩める
  

治療方法

逆子治療
  1. 艾灸:至陰穴(足の小指の外側)と三陰交穴(内踝の上指4本分)
  2. 鍼刺又鍼パルス:至陰穴と三陰交穴に刺鍼

その他に

  • ほふく前進体操 : 肘と膝をつき、よつんばになって歩く、散歩など
  • マッサージ : 冷えなどが関係している事があります

※このような場合は施術を行えないことがあります

  1. 胎児の首に臍が巻き付いている・・・臍帯巻絡胎児
  2. 胎児が内子宮口の近くにいる・・・前置胎盤
  3. 医師の指示や同意が得られなかったり、切迫早産、流産などの危険性が予想される場合

ページ上部へ


TOPへ戻る