難病治療について

網膜色素変性症

網膜色素変性症とは、目の網膜に異常が生じることにより、暗いところで視野が悪くなる「夜盲」や、視野が狭くなる「視野狭窄」、視力や色彩感覚の低下などを引き起こす進行性の病気です。
網膜色素変性症は4000人から8000人に一人の割合で発症する病気だといわれており、原因は遺伝子の異常にあると考えられています。しかし、明確な原因は現在のところ分かっておらず、根本的な治療法も見つかっていません。
症状には個人差も大きく、失明するような深刻なケースもある一方で、ほとんど日常生活に支障をきたさない方も少なくありません。また、遺伝性の病気ではありますが、必ずしも病気が遺伝するとは限らず、親族が発症する確率は5割程度だといわれています。

また、網膜色素変性症の方については、白内障や緑内障など、眼の疾患を併発する例も多いようです。これらの病気については根本的な治療が可能なので、手術により症状が劇的に改善する例も見られます。

当院の治療方針

一般に、網膜色素変性症は網膜に負担をかけると症状が悪化すると考えられています。そのため、できるだけ直射日光を浴びるような野外活動を避けるなどして、日頃から目に負担をかけないような工夫が推奨されます。
しかし、こうした日常的な制約がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を低下させる、という面もしばしば問題視されます。

治療方法も確立されていませんが、今の時点で病理的にわかるのは、眼底にある毛細血管の血液循環が悪くなっているということ。つまり、新鮮な血液が常に不足している事が最大のネックである事は間違いありません。

現在の最新医学はアメリカと中国による共同研究が進められているといわれています。アメリカの現代医学と中国の鍼医学が融合することにより、かなりの成果が上げられているようです。現代医学の最先端はチップを埋め込むという方法が試されているようですが一般化するにはまだまだ時間がかかるようです。

私はこの病気の患者さんには眼球の後方を直接刺し刺激します。眼球内にある毛細血管の血液循環を良くするためです。日本ではそこまでできる鍼灸師は少ないようです。そういう意味では鍼灸師の技術向上を図らなければならないと常に思っています。

また、日常生活では蛍光灯よりもなるべく電球を使うこと、熱いお茶をなるべく多めにとることをお勧めしています。
このようなやり方で治療して、50%の人がほぼ完全に症状が改善。80%の人が少しずつ改善し、進行が抑えられたというレベルなら、ほぼ100%の効果を上げています。

アイケアのつぼ

欧米人や他民族に比べ日本人は目が弱いとの報告が出ています。例えば多発性硬化症の症状として視力低下がありますが、欧米人が4割に比べ日本人は倍の8割という報告があります。遺伝的に日本人は目が弱い上に近代化でパソコン等を利用し目を酷使するので眼疾患が増加するのは自然の流れです。目のケアをお忘れなく!

網膜色素変性症治療イメージ1■ 視力回復(網膜色素変性症)
■ かすみ目や充血にも効果がある

今回は、視力を回復させるツボをいくつか紹介します。

最初は{太陽}。
まゆ毛の外側の端と目じりの外側との中間点で、少しくぼんでいるところが目安になります。指圧でのコツは指先で小さな輪を描くようにもみ押すこと。最初は軽めにそして徐々に力を入れていき、最後にしっかりと圧をかけてください。このツボは中国で開発された新しいツボで、眼の不快な症状にも効きます。

次は{晴明(せいめい)}です。
目頭と鼻の付け根の間のくぼみに位置しています。人さし指を使ってもむようにしてみてください。かすみ目や目の充血にも効果があります。

{瞳子リョウ(どうしりょう)}のツボ
は目じりから、指幅1本分ほど外側で、骨のくぼみにあります。目の疲れやかゆみなど、目の疾患には欠かせないツボです。

最後は{四白(しはく)}のツボです。
瞳の真下、約1寸(3センチ)のところ。つまり、眼窩から指幅1本分下あたりにあります。疲れ目に良く効くほか、頭痛、めまいなどの症状にも効果があります。

網膜色素変性症を幾例も治療している専門治療家が
中国鍼による治療を行なっています。

ページ上部へ


TOPへ戻る