小脳性失調について

小脳性失調は、小脳の萎縮によりさまざまな症状を引き起こす難病です。障害の程度により、重症度の分類が異なります。月島鍼灸院では、重症度に応じた治療を行なうことによって、改善を目指していただくことが可能です。できるだけ症状の軽いうちに、ご相談いただくことをお薦めいたします。

厚生省の重症度分類

  • Ⅰ度(微度):独立歩行
  • Ⅱ度(軽度):随時補助・介助歩行
  • Ⅲ度(中等度):常時歩行・介助歩行、伝い歩行
  • Ⅳ度(重度):歩行不能・車椅子移動
  • Ⅴ度(極度):臥床状態
  • 治療上の注意点

    疲労しやすいので適度な休憩を挟む

    失調症への運動療法手技の項目、作用機序

    視覚の代償Frenkel体操(脊髄性失調に有効)

    • 視覚的な注意の集中……軌道、足元の見える位置で行う
    • 一定のスピードで行う…遅い(難)⇒早い(易)
    • 難易度の低いものから…単関節⇒多関節

    固有感覚情報 重鎮、緊迫帯、PNF(圧迫・関節覚)

    • 筋紡錘から小脳への求心性入力を増強
    • 重鎮、緊迫帯共に安定部位を探す(補装具・歩行器での安定も可)
    • PNF 拮抗筋の不均衡と等尺性収縮に異常=リズム固定が必要

    不安定な器具を用いる  靭帯など関節周囲組織にも固有感覚情報伝達 可

    • 立位保持……内・外反を水平位で
    • co-contraction……重心の偏位に抗して水平に
    • 目的以外の外カ……骨盤を押し引き
    • 健側下肢で追跡……膝はやや屈曲(伸展ロック×)

    小脳症状

    • 四肢の協調性障害
    • 平行障害
    • 筋緊張低下
    • 測定障害
    • 運動分角
    • 企図振戦
    • 言語障害
    • 眼振

    ページ上部へ


    TOPへ戻る