自律神経失調症について

まず自律神経とは…

自律神経には、交感神経と副交感神経からできており、体内のリズムを司っています。心臓、呼吸、消化、発汗、体温調節や代謝など自分ではコントロールできない自動的に働く神経のことです。

交感神経優位のとき…活動モード

副交感神経優位のとき…お休み・回復モード

大まかに言うとそれぞれこのような時に働いています。この働きや切り替えが上手くいかなくなるのが自律神経失調症です。

症状

頸・肩の凝り、不眠(多夢・途中覚醒)、頭痛、動悸、眩暈、立ちくらみ、やる気が出ない、イライラ、憂鬱感 etc…

上記のように様々な症状が出現致します。

主な原因

生活リズムの乱れ、仕事・社会的ストレス、女性ホルモンの影響、更年期障害、生まれつき過敏、感情表現が苦手な方 etc…

治療法

現代医学的治療

薬物療法、抗うつ剤、ホルモン療法、カウンセリングなど、症状を抑えることが中心となります。

東洋医学的鍼灸治療

現代社会は、ストレスが多く交感神経が常に働き体が休まりません。つまりずっと緊張している状態なのです。鍼灸治療では、四肢末端に鍼を刺すことで副交感神経優位にすることができますので、自律神経失調症に効果的です。また、問診・望診・切診(脈診・腹診)・聞診と様々な観点から病態把握いたしますので、あなたに合ったきめ細かい治療をさせて頂きます。

女性と自律神経

女性ホルモンと自律神経はどちらも大脳の視床下部でコントロールされているため、女性ホルモンが乱れると、その影響を受けて自律神経も乱れてしまいます。初潮が始まる思春期と閉経を迎える更年期では症状がでやすい傾向です。 特に、更年期では卵巣機能の低下に伴いホルモンバランスの乱れが大きく関わるので自律神経に異常をきたしやすいのです。

鍼灸治療は、患者様ご自身の免疫力や自然治癒力を高める全身治療が中心ですので、薬のような副作用がなく安心です。身体に優しく、アメニティの高い治療であり生涯にわたるQOL(生活の質)の向上や疾病予防にも適しています。

ページ上部へ


TOPへ戻る