更年期障害について

「更年期(44~55歳)に現れる多種多様の症候群で、器質的変化に相応しない自律神経失調症を中心とした不定愁訴を収書とする」(日本産科婦人科学会)では定義されています。

症状

・ほてり・冷え・のぼせ・抑鬱状態・イライラ感・不安感 etc…

上記のように様々な症状が出現致します。

主な原因

①卵巣機能の低下…卵胞ホルモンの低下により、ホルモン調節をする視床下部も機能失調が起こる。ここに存在する自律神経中枢に影響を及ぼし、自律神経失調症の原因となります。

②社会的・文化的な環境因子…子供の成長の伴う母親の役割の終了、仕事の量やストレスの増加により、精神症状や不定愁訴の原因となります。

③心理的因子…①と②の混在


東洋医学的には…

更年期障害という括りがなく、月経不順や?血による精神的な不安定さに対しての言葉「血の道症」があり、更年期を含めた女性の問題全体をさしています。

治療法

◎現代医学的治療

ホルモン補充療法・薬物療法・漢方・カウンセリングなどがあります。

◎東洋医学的鍼灸治療

更年期に出る様々な愁訴に対して、選穴し、一人一人症状を見ていき、あなたにとって最善の治療をしていきます。

主な証としては2つ考えられます。

肝腎陰虚…ほてり、発汗、眩暈、耳鳴り、膝腰痛、月経過多、閉経、皮膚の乾燥、痒み、便秘、四肢と胸の熱感

脾腎陽虚…ほてり、発汗、顔につやがない、疲労倦怠、四肢の冷え、浮腫、食欲不振、月経問題、軟便、頻尿

鍼灸治療は、患者様ご自身の免疫力や自然治癒力を高める全身治療が中心ですので、薬のような副作用がなく安心です。身体に優しく、アメニティの高い治療であり生涯にわたるQOL(生活の質)の向上や疾病予防にも適しています。

ページ上部へ


TOPへ戻る