痛み改善のマッサージ

凝り固まり過敏になった筋肉をマッサージで緩めて
痛みを解決
していきます。

痛みとは

痛みは大きく『急性の痛み』と『慢性の痛み』の2つに分けられます。

急性の痛みは…
熱感やズキズキとした痛みを特徴とします。
慢性の痛みは…
血行が悪くズーンと重だるい痛みを特徴とします。

急性の痛みには、熱感が上がらないようにするためにもアイシングなどの処置が必要であり、安静にすることが望ましくあります。

慢性の痛みにはマッサージなどを行い、血行不良や筋緊張を改善させます。

痛みが起こる原因

急性の痛みに対し適切な処置を怠ると、その痛みは「慢性の痛み」を引き起こします。

慢性の痛みは、血管の収縮や筋肉の緊張を起こします。その結果、血行が悪くなり、さらに「痛みを起こす物質」を発生させ“痛みの悪循環”を引き起こしていきます。

痛みが続くことで痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環に陥ることもあります。

我慢している時間は人生のロスタイム

痛みを改善する方法

慢性化した筋肉は痛みにより緊張し著しく血行不良を起こし正常な機能が低下しているため、姿勢をキープする事すら困難となります。
マッサージにより緊張の強くなった筋肉をほぐし、血行不良を改善させ痛みにより引き起こされる様々な症状を改善いたします。

マッサージでしっかりケアをして、痛みに悩まされない充実した生活を手に入れましょう。

ページ上部へ


TOPへ戻る