坐骨神経痛のマッサージ治療

坐骨神経痛 まず治療部位を割り出します。梨状筋はお尻の深部にある筋肉なのでしっかり奥まで指圧してピンポイントに痛みが出るところ(トリガーポイント)を見つけ持続的に圧を加えて血流を良くしていきます。梨状筋だけではなく大臀筋・中臀筋・小殿筋もお尻の血流が悪くなることで凝り固まってしまうのでしっかりアプローチすることが大切です。 場合によってはストレッチも組み込むことで、より入念に治療をしていきます

坐骨神経痛の鍼灸治療についても、ご覧下さい。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、人体で最大の神経です。腰の下から出ておしりの後ろを通り、太ももの後ろ面から足にかけて広く分布しています。
その坐骨神経の通り道に痛みやしびれ、感覚異常などが現れる症状を坐骨神経痛といいます。坐骨神経がなんらかの原因で途中で圧迫されると、そのような症状が現れると考えられています。
治療としては、どの部分で坐骨神経が圧迫されているのかを検査などで探り、その原因を取り除いていきます。痛みやしびれが激しい場合は、整形外科への受診をお勧めすることもありますことをご了承ください。

坐骨神経痛の原因となる疾患

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛を起こす疾患として最も有名です。
背骨は、24個の椎骨と仙骨・尾骨が、椎間板や椎間関節、靭帯などによって連結されてできています。椎間板の中央には髄核という寒天状のボールがあり、動作にともなう体重の負荷を分散して、背骨の運動を可能にしています。
力仕事や激しいスポーツなどで椎間板が損傷すると、弾力性のある髄核が椎間板の外に押し出されることがあります。これが椎間板ヘルニアです。
坐骨神経が出ている下部腰椎でこれが起き、とびだした髄核が坐骨神経を圧迫すると、坐骨神経痛が発症することがあるのです。
この場合の治療は、坐骨神経の道筋にあわせてマッサージをおこない、興奮した神経をおちつかせて痛みを抑えます。同時に、ヘルニアが起こっている腰を揉みほぐして血行を良くし、とびだした髄核が不要物として処理・吸収される人体の正常な反応がスムーズに進んでいくよう促します。

梨状筋症候群

おしりの丸みは、皮下脂肪や何層もの筋肉によって形づくられています。
坐骨神経はおしりの後ろを通るとき、それら筋肉や靭帯などを避けて狭いすきまをすり抜け、足のほうへ向かっています。
梨状筋はおしりの深い部分にあり股関節を外向きに回旋させる仕事をしていますが、疲労しすぎて硬くなったり、炎症を起こして腫れたりすると、すぐそばを通っている坐骨神経を圧迫してしまうことがあるのです。女性に多いといわれ、坐骨神経と梨状筋が交差するおしりの中央付近を押すと、はっきりとした痛みを感じるのが特徴です。
治療としては、梨状筋の緊張をやわらげることを目的に、おしりの筋肉だけでなく、関連の深い腰や下肢の筋肉も揉みほぐしていきます。痛みが軽くなってきたら、ストレッチも効果的です。

脊柱管狭窄症

年齢を重ねたり、激しいスポーツを続けたりすることで、背骨を構成する椎骨や椎間板は変形してしまいます。
変形によって背骨の正常なカーブが変化したり、腰椎どうしの結合がずれてしまったりすると、腰椎と腰椎の間から出ている坐骨神経が圧迫されてしまうことがあります。
これを脊柱管狭窄症といい、ヘルニアと違って両足に坐骨神経痛が出ることもある難治性の疾患です。歩いていると腰から足にかけて痛みやしびれ、脱力などが起こり、前かがみの姿勢で休憩をとると回復するという特徴があります。マッサージ治療の方法はヘルニアと同様ですが、ひとたび変形してしまった骨をもとに戻すことは大変難しいので、神経の健康を保ち、筋力の低下を防ぐために、継続的な治療が必要となります。

ページ上部へ


TOPへ戻る