脱毛症について

  • 円形脱毛症
  • 内分泌異常による脱毛
  • 栄養障害による脱毛
  • 皮膚感染症による脱毛

…など

脱毛症には円形脱毛症、内分泌異常による脱毛、栄養障害による脱毛、皮膚感染症による脱毛などありますが、原因の違いによってアプローチの仕方は変わってきます。

加齢による新陳代謝の低下や男性ホルモンの異常ストレスや食事・生活習慣の他、免疫機能の異常なども原因と考えられています。
食事や生活習慣の改善と併せて、鍼灸治療で新陳代謝やホルモン分泌の調整、消化吸収機能・免疫機能の改善をする事で発毛を促進して行きます。

脱毛症の当院の見立て

脱毛症は老人性・壮年性・円形性・症候性・ウィルス性などの分類されますが、更年期から発症するものについては、新陳代謝の低下やホルモン分泌の変調などに起因するものがほとんどです。

育毛の速度は、次第に緩慢になり、毛根は浅く毛髪の太さも細小化するため、毛質量は全体的に少なく見えるわけです。

以前当院に以下のような質問が寄せられました

Q,精神的ストレスがたまり脱毛症に・・・

私は大学の法学部を卒業しましたが、希望する司法試験に2度も失敗してしまいました。それ以来、毎日自宅で受験勉強ばかり続けていたのですが、知らず知らずのうちにこれまでの精神的ストレスなどが蓄積してきたのかもしれません。最近になって脱毛症にかかってしまったようです。

専門病院に行き、治療のためにいろいろ検査をしましたが、身体的な原因がわからないのです。とりあえず副腎皮質ホルモン剤の外用薬などをいただいて使用していたのですが、ほとんど効果はありませんでした。健康食品類も試していますが、これといった変化も無く、毎日憂鬱です。何か良い治療法などがあれば教えていただけないでしょうか。

この脱毛は治るのでしょうか?

神奈川県 匿名希望 28歳男性

A

このような場合での対処法は基本的にまず栄養面では高タンパク食品を過不足なく摂取すること。
そして、十分な睡眠です。一方、この場合、年齢や状況から判断しますと、やはりストレスによる内分泌機能の不均衡が原因になっていると思われます。

月島鍼灸院の脱毛症治療法

脱毛症の鍼灸治療

どのような原因で脱毛が起こっているのか、既往歴や現病歴、問診、身体の状態を診て調べていきます。

それに合わせた全身調整の鍼灸治療を行う事で、自律神経を調えストレスによる身体の緊張を緩和し、肝臓・腎臓・胃腸・脾臓などの内臓機能を高める事で消化吸収・免疫・血液の質やホルモンのバランスを調えていきます

東洋医学では髪の毛の事を血のあまりと考え『血余』(けつよ)と言います。
実際、髪の毛の素となる毛母細胞は赤血球が変化して出来た物です。

脾臓は古くなった赤血球を壊し、新しい血液の素を作る臓器です。また、白血球がたくさんある体内最大のリンパ器官でもあり、免疫機能とも深く関わります。
髪は元気や精気の源である腎の気よって影響を受けているので、鍼や灸で弱った腎の気を補う治療を行います。

脱毛症の鍼灸治療

局所に対しては、脱毛が起こっているところや毛髪の薄いところ、頭皮が硬いところ等を選んで鍼と灸で刺激を入れます。ローラー鍼やイチョウ鍼など刺さない鍼で刺激を入れる事もあります。

全身調整と局所の治療を組み合わせて、体質の改善と疲労・ストレスの除去を行いながら発毛を促して行きます。

脱毛症の対処法

養生法

まず頭皮部への気血循環を促進させるための補助手段として、ブラッシングや指先での軽擦などをなるべくこまめに行うこと。
さらに地肌面への清潔保持に留意することが大切です。

頭髪本数は多少の個人差はありますが、1日に抜ける生理的本数は40~50本程度です。抜け毛を気にされている様子ですが、あまり神経質にならないようにして下さい。

食事では、肉類や野菜、特に温性(身体を温める性質)のニラ、ショウガ、ネギ、その他香辛料を適度に活用しながらバランス良く取ることが大切です。

一日も早く対処すれば、それ相応の効果があがるものです。ぜひ一度、ご相談ください。

施術料金

脱毛症治療

施術時間 約30分 (局所)

3,564円(税込) 捨て鍼代含む

※なお、初回ご来院時には初診問診料が別途1,620円かかります。

ページ上部へ


TOPへ戻る