テニス肘

テニスで気持ち良いサーブをうちませんか

テニス肘とは

テニス肘イメージ 『テニス肘』には外側型(バックハンドテニス肘)と内側型(フォアハンドテニス肘)との2種類があります。
それぞれ、上腕骨外側上顆炎上腕骨内側上顆炎と言われています。

『テニス肘』はいわゆる腱付着部症の一種です。上腕骨の上顆につく筋肉の起始部(腱)に加わる牽引力が慢性的なストレスとなり発症することが多い疾患です。

外側型のバックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)が多く、これは前腕伸筋群の付着部症です。いわゆる『テニス肘』と呼ばれます。
しかし、テニスの愛好者でもない中年の女性にも多く発生するので“使いすぎ症候群”とも考えられます。最近ではパソコンの使いすぎで発症する方も多くいます。

一方、内側型のフォアハンドテニス肘(上腕骨内側上顆炎)は、前腕屈筋群の腱付着部症で『ゴルフ肘』『野球肘』とも呼ばれますが頻度は外側型に比べ、それほど多くありません。
この中に出てくる前腕屈筋群、伸筋群は手首や指の動きに非常に関係があります。
つまり、痛みがあるのは肘ですが、手首や指の使い過ぎがテニス肘の原因となるのです。

テニス肘の症状

バックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)

  • 30~50代 女性に多い
  • テニス初心者に多い
  • 手・腕を使用時に強く出る
  • 痛みは肘の外側に強くでる
    (手のひらを上にした際の親指側)
  • 握力が低下する場合もある
詳細

30~50歳代の女性に好発し、右側の発生頻度が高いのが特徴です。
多くの場合、手や腕を使用しなければ疼痛は生じません。疼痛は不慣れな動作やスポーツを長い間行ったりした時に起こり、肘関節から前腕部にかけて生じることが多くみられます。バックハンドテニス肘の典型的な痛みは上腕骨外側上顆部に限局しており、もしも肘の他の部位に痛みがあれば2次性の変化もしくは関節症の合併も考えられます。
また握力低下が認められることも多く、この外側上顆部を圧迫すると上腕と前腕に放散する不快な痛みがあります。
さらに手関節を他動的に屈曲するか、自動的に抵抗を与えて伸展させると外側上顆部に緊迫感もあります。

フォアハンドテニス肘(上腕骨内側上顆炎)

  • 30~50代 女性に多い
  • テニス上級者に多い
  • 手・腕を使用時に強く出る
  • 痛みは肘の内側に強く出る
    (手のひらを上にした際の子指側)
  • 肘の内側に圧痛が出る
  • サービスやフォア―ハンドを打った際に痛みがでる
  • 握力が低下する場合もある
詳細

通常、上腕骨内側上顆部に痛みを訴えますが、安静時にはほとんど痛みはなく、バックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)と同じように動作時に痛みが出現します。また内側上顆に著しい圧痛があります。誘発試験としては、外側上顆炎と逆の方法を用いると痛みが誘発されます。すなわち肘を伸ばして手関節を内側に曲げさせて、検者が反対方向に力を加えると内側上顆に痛みを生じます。

テニス肘の検査法

  1. Thomsenテスト
    肘伸展位で手関節を背屈してもらう。術者は抵抗を加えこの時上腕骨外側上顆部に痛みが現れた場合を陽性とする
  2. Chairテスト
    前腕部を回内位で肘関節を伸展した状態で一定以上の重さの物を持ち上げる際に上腕骨外側上顆部に痛みが現れた場合を陽性とする
  3. 中指伸展テスト
    検査をする方が、中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を曲げずに伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう様にする。

テニス肘

テニス肘の治療法

テニス肘の急性期にはアイシングを行い、炎症症状がおさまってきたら原因となる筋肉の緊張を取っていきます。また、患部の安静を保つための、テーピングやサポーターも使いながら治療効果を高めていきます。

具体的には

バックハンドテニス(上腕骨外側上顆炎)では、長・短橈側手根伸筋、総指伸筋を中心に緊張を取っていきます。
フォアハンドテニス肘(上腕骨内側上顆炎)では、円回内筋、橈側・尺側手根屈筋・長掌筋を中心に緊張を取っていきます。
また、腕や手首、指の動きには肩甲骨周囲の動きも大きく関わってきますので、そのあたりからしっかり動きが出せるように治療をしていきます。

当院では、鍼灸、マッサージ、ストレッチ、カイロプラクティック等の治療で患者様の希望に沿った治療を行って参ります。
さらに、再発予防のためにトレーニングなどの指導も行っております。
このトレーニングは、手首、肘、指の動きは勿論、肩甲骨の動きをよくするものも取り入れていきます。そのために、再発予防はもちろん、肩こり、首こりなどにも効果があります。

ページ上部へ


TOPへ戻る