治療の種類

1. 整復法

損傷を受け転位した骨・関節・軟部組織を生理的な状態(元のあるべき位置)に復するための操作を徒手的に行ないます。

2. 固定法

固定法イメージ

包帯・テーピング・副子(シーネ)・サポーター等を用いて、患部を正常な位置に一定期間保持して運動を制限することにより、 損傷の回復を図ります。

3. 後療法

損傷組織を早期に回復させるために施す治療法であり、手技療法・運動療法・物理療法の3つに分けられます。

手技療法
手技療法イメージ
物理療法
物理療法イメージ
運動療法
運動療法イメージ

手技療法

主に柔道整復マッサージを利用した手技にて、機械的刺激を与えて損傷の回復を図ります。

物理療法

物理的エネルギーを生体に作用させ、生体機能の正常化を図り、恒常性 維持機能を高めることを目的として行ないます。電気療法(低周波治療)・光線療法・温熱療法(マイクロ波治療)・寒冷療法等があります。

運動療法

運動機能の障害を可及的速やかに除去し、運動を取り入れながら機能の回復と増進を図ります。リハビリや再発予防の為に主に関節可動域訓練や筋力トレーニングを行ないます。

急性・亜急性の処置について

ケガをした際の応急処置方法として基本となっているのが“RICE(ライス)”といわれる処置方法です。
受傷直後にRICE療法を行う事でケガの回復が早くなるという報告もあり、プロのスポーツ界ではすでに普及が進んでいます。
RICE療法とは・・・


ページ上部へ


TOPへ戻る