肘内障

肘内障は最も治療実績のある脱臼の一つです

肘内障とは

肘内障イメージお子様の手を急に引っ張ったり、捻ったりした後、痛がって腕を動かさなくなったら、肘内障(ちゅうないしょう)の疑いがあります。
肘内障は俗に言う「肘が抜けた」状態で、肘の関節の橈骨トウコツにある輪状靭帯の亜脱臼のことをいいます。2歳から5歳くらいまでの子どもに多く発症し、骨や靭帯が発達する7歳以降にはほとんど見られません。

肘内障の主な症状

肘内障イメージ
  • 突然激しく泣き出す。
  • 腕をだらりとさせて動かそうとしない。
  • 肘だけでなく手首の方まで痛みを訴えることもある。
  • 通常は腫れ、変形、赤みは現れない。

主な原因

  • 急に腕を引っ張る。
  • 手を持って振り回す遊びをする。
  • 腕を体の下にして寝返りをしたときの巻き込んでしまう。

等が挙げられます。
5歳未満のお子様は骨や靭帯が未発達なので、橈骨頭から靭帯が外れやすくなっています。

肘内障の予防方法

一度起こすと再発しやすくなりますので、お子様の手を急に引っ張ることのないよう注意してください。

ページ上部へ


TOPへ戻る