野球肩

野球肩とは

野球肩イメージ 野球の投球動作により肩周囲の筋肉や、関節、靭帯、関節包などが損傷されるものをいいます。野球肩とは肩関節の周囲の損傷の総称の事なのです。
特に肩を安定して動かす為である筋肉を回旋筋腱板と呼ばれます。
特に筋力の弱い方は、肩の回旋筋腱板を構成する筋である棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋等の筋肉に投球動作により、負荷がかかり投球した際に筋肉が損傷してしまいます。

野球肩の主な症状

  • 肩が上がらない
  • 肩を動かすと痛い
  • 肩に熱感や腫れがある
  • 肩がグラグラとする

野球肩の原因

ボールをオーバースローのように、腕を上げそのまま前方に振り下ろす動作により起こります。
野球の投球動作、バレーボールのアタック、テニスのサーブ、水泳のクロール、水泳のバタフライ、ハンドボール等のスポーツで見られます。

野球肩の治療法

  1. 患部を安静に保つ為に包帯やテーピングにより固定いたします。
  2. 患部の痛みや腫れを鎮める為にアイシングします。
  3. 鍼灸治療により全身の血流を促し、早期回復を行います。

ページ上部へ


TOPへ戻る