マッサージ・指圧・あん摩

マッサージ・指圧・あん摩は月島マッサージ院で行っております。

トータルケアとして・リラクゼーションとして・治療として

マッサージ・指圧・あん摩イメージ

リラックスするだけ… 気持ちいい…
『それだけではない』常に患者様を医療の視点からみて、様々な提案をさせていただきます。
国家資格を持った経験豊富なスタッフによる質の高い『手の技術』を体感してみて下さい。

月島マッサージ院について

健康イメージ

マッサージにより地域の活性化、皆様の健康の向上・維持をお手伝いさせて頂きます。月島マッサージ院は治療的でも慰安的(リラクゼーション)でも全身的に治療して、諸症状を緩和します。

不快な症状が続いている方、スポーツ後のアフターケアや、仕事の疲れを取りたい方にお勧めです。

マッサージは全身の経穴(ツボ)を刺激することにより、筋肉の緊張を緩和させて血液やリンパの循環を促進し、全身のコリや疲労感を取り除きます。

また内臓と関係の深いツボや反射点を利用して、内臓機能の活性化や、免疫機能の向上もはかります。自律神経を調整することにより様々な不快な症状(不眠、食欲不振、倦怠感、冷えのぼせetc...)の改善も可能です。

主な治療効果

治療効果イメージ

  • 疲労・不快感の除去
  • 血液・リンパ循環改善
  • 自律神経調節
  • 内臓機能・免疫機能向上
  • 筋疲労回復

マッサージ・指圧・あん摩について

マッサージ・指圧・あん摩イメージ

現代社会では様々なストレスを感じながら生活を送っている人が多いと言われ、そのストレスを解消するために数々の方法があります。

身体の疲れやコリを取り除き、心身をリラックスさせるマッサージ・指圧・あん摩もその一つです。

マッサージは「手をもってこねる・押す」という意味であり、主に手のひらや指を使い硬くなった筋肉をほぐしていきます。

指圧とは、主に母指を使いいわゆる「ツボ」と呼ばれる部位に1点圧を加える手技です。

按摩(あんま)の按とは「押さえる」という意味であり、摩とは「なでる」という意味です。実際にはなでる・押す・揉む・叩くなどの手技を用います。

マッサージ・指圧・あんまの違いとして、マッサージは求心的(手足から身体の中心<心臓>の方に向かう)に治療し、指圧・あんまは遠心的(心臓に近い方から遠い方に向かって)に治療するものとされています。しかし、いずれも目的に大きな違いはなく実際の臨床においては、身体の状況に応じて使い分けていきます。

マッサージ・指圧・あん摩の作用

マッサージおよび指圧・あん摩の治療は、大きく分けて以下の3つの作用があります。

  1. 血液などの循環を高め、組織・器官の異常を調整し、正常な機能状態に戻す。
  2. 神経・筋への興奮性を高めて機能を増進する作用。
  3. 異常興奮した神経・筋に対し鎮静的に作用させて緊張を取り除くという作用。

これらを身体の状態に応じて使い分けて、身体の調子を整えていきます。また病後(骨折・捻挫・脳卒中等)のリハビリとして用いることで社会復帰の早期化を果たすことが可能となります。

日々の疲れやストレスをそのまま放置しておくと、悪化させたり、万病を引き起こしたりする恐れがあります。

月島マッサージ院は、本場中国のつぼを知り尽くした実績をベースに、皆様に安心のマッサージをご提供いたします。
マッサージによるつぼへの刺激が、血行の流れを回復させ、本来体のもつ治癒力を高めます。

リラクゼーションだけに留まらない、治療を目的とした当院のマッサージを、是非一度お試しください。

ページ上部へ


TOPへ戻る